初心者から熟練者まで…リサイクル工作を手厚くサポート

>

リサイクル工作を楽しもう!発展編

牛乳パックと布でよりおしゃれにアレンジ!

牛乳パックを使うことで、とてもおしゃれな雑貨にアレンジすることができます。

代表的なものが、「カルトナージュ」と呼ばれる工芸品です。
もともとはフランス発祥の伝統工芸で、厚紙でできた箱の周りに、紙や布などの生地を貼り付けて仕上げる作品のことを指します。
牛乳パックは、カルトナージュで用いる厚紙に最適な材質であり、身近で手に入るので工作でも非常に使いやすい日用品であるといえます。

作り方としては、牛乳パックを適当な大きさに切り、上から布地のはぎれをボンドなどの接着剤で貼り付けて完成です。他にも牛乳パックの柄をそのまま使ったり、マスキングテープなどを使う方法もありますが、いずれにしても自分で好きな柄を自由に設定して作ることができるのが、カルトナージュの大きな魅力です。

家具作りにチャレンジ!ペットボトル応用編

アレンジがしやすく、簡単に工作ができるペットボトルですが、凝ろうと思えばいくらでも凝った作品を作ることができます。

例えば、何本ものペットボトルを束にして、周囲を段ボール板で包装し、上から布地を縫い合わせることで、足乗せ用のソファー「オットマン」が作れます。
また、ペットボトルの底を切ったものを円形に組み合わせ続けることで、ランプシェードなどの家具を作ることもできます。
リサイクル工作で家具やインテリアを作るとなると、多くの材料や手間、時間などが必要になり、並大抵でない労力がかかりますが、その分完成した時の喜びは格別です。「工作に慣れてきた」「もっと難しいのを作ってみたい!」という人は、是非挑戦してみてください。


この記事をシェアする